沖縄の海で楽しく安全にダイビングをするための注意点

ダイビングマネージャー      -

沖縄の海で楽しく安全にダイビングをするための注意点

沖縄の海でダイビングすると美しい海の魚たちと感動的な出会いをすることができます。ただ沖縄で楽しく安全に体験ダイビングをするには、いくつかの注意点もあります。まず各コースによって年齢制限が設けられています。10歳以上とか14歳以上など細かい制限があるので、家族連れの方は子供が参加できるかをキチンと確認しておく必要があります。

また安全に海に潜るためには、ダイバーの健康チェックも大切です。少しくらい体調が悪くても大丈夫だろうと自分で素人判断すると、後で大変なことになりかねません。なので体調や健康状態については、正直にインストラクターに情報を伝えておきましょう。基本的に飲酒をして酩酊状態の人は海に潜ることはできません。前日に飲みすぎた場合もよくありません。

また妊娠中の方も原則的にダイビングはできません。初心者が意外と失敗しやすいのが食事管理です。食後スグに満腹の状態だと海には潜れないので注意しましょう。また持病やケガなどがある場合には必ず事前にインストラクターに報告して支持を仰ぎましょう。もう1つ大事なのが減圧症に対する注意です。ダイビングした後は一定の間は飛行機に乗ることはできません。

タイトな旅行日程の計画を組んで、ダイビングした当日にスグに飛行機に搭乗して帰るというハードスケジュールを組むのは絶対にダメです。ダイビングに関する細かい注意点については、インストラクターが詳しく説明するので必ず守って楽しく安全にダイビングしましょう。